シリーズ RAF日記━リスクアペタイトは徒然なるままに…

シリーズRAF日記/日経RAVへの思い(第5回<2020年12月3日>)

プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン 大山剛 今回もRAFの議論からやや脱線ですが(最近脱線が続いてすみません)、先般日本経済新聞社から公表されたRAV(Risk Visualization Analysis)に関し…
Read more

シリーズRAF日記/新型コロナ対応とRAF(第4回<2020年11月21日>)

プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン 大山剛 今回は前回説明したVBDS(可視化、バランス、決定、実行)からやや脱線し、我が国の新型コロナへの対応に関するRAF的感想を示したいと思います。 欧米で止まらなくなってきた…
Read more

シリーズRAF日記/銀行の経営戦略に活きるRAFとは━VBDSを紐解く(1)(第3回<2020年11月19日>)

プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン 大山剛 前回記事では、RAFに欠かせないプロセスとしてVBDS(可視化、バランス、決定、実行)を説明しました。今回はそのうち「V」、すなわちステークホルダーの期待の可視化に関し、…
Read more

RAF to be pursued, Revisited in the face of Covid-19 challenges

Promontory Financial Japan Tsuyoshi Oyama Uncertainties surrounding the management of financial institutions a…
Read more

シリーズRAF日記/ RAFはPDCAをVBDSに変える?(第2回<2020年10月17日>)

プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン 大山剛 本年8月11日に日本経済新聞に掲載された論説記事に「不測の時代の良い会社 まだPDCAですか」という記事がありました。将来が不測の時代、PDCA(計画、実行、評価、改善)…
Read more