大山代表、週刊金融財政事情で新連載「モデル分析が警告する新型コロナの行方」第2回「日本の再生産数低下は一時的な高温が影響している可能性」

大山代表、週刊金融財政事情で新連載「モデル分析が警告する新型コロナの行方」第2回「日本の再生産数低下は一時的な高温が影響している可能性」

大山代表が週刊金融財政事情で新連載「モデル分析が警告する新型コロナの行方」を開始しました。(8月31日号より)

第2回は「日本の再生産数低下は一時的な高温が影響している可能性」です。

本記事の購読には、以下金融財政事情の購読が必要です。

https://kinzai-online.jp/node/6826